シイタケの根の栄養分|バテを解消する黒酢にんにくを摂取|高い効果が期待できるサプリ

バテを解消する黒酢にんにくを摂取|高い効果が期待できるサプリ

男の人と女の人

シイタケの根の栄養分

栄養補助食品

がんの発症率が上昇している近年では、アガリクスの需要が高まっています。なぜならアガリクスには、βグルカンが多く含まれているからです。βグルカンには、体内の発がん性物質を除去する力があります。そのため摂取することで、がんの予防効果を得ることができるのです。そして現在では、そのβグルカンに加え、αグルカンやレンチナンなどが含まれているシイタケ菌糸体も注目されるようになっています。αグルカンもレンチナンも、βグルカン同様にがんの予防に役立つ成分です。さらにシイタケ菌糸体には、免疫力を低下させる細胞が増えることを抑える効果も、期待できるとされています。そのためがんの予防だけでなく治療にも有効ということで、シイタケ菌糸体を使った臨床研究は、積極的に進められています。

シイタケ菌糸体は、食用とされているシイタケとは異なっています。正確には、食用とされているシイタケの根の部分が、シイタケ菌糸体なのです。植物にとって根は、成長するための栄養分を運び込んでくる、重要な部分です。シイタケの笠の部分には多くの栄養分が含まれていますが、その笠を成長させる根の部分には、さらに多くの栄養分が含まれているわけです。βグルカンも同様で、笠を食べるだけでは、がんの予防や治療に有効となる量を摂取することが困難ですが、根からならしっかりと摂取できます。そのため、シイタケの栄養分を効率よく摂取するために、シイタケ菌糸体の研究がおこなわれているのです。その研究により、現在ではシイタケ菌糸体から作られた健康食品が販売されるようになっています。